採用が決まった女性の画像

就職活動中の人、転職を考えている人、様々いらっしゃると思います。どの企業でも面接というものはあります。採用されるためにはどのような準備をすべきで、実際の面接時はどうすれば良いのかなど気になることをまとめました。

2016年12月の記事一覧

企業が採用したくなるおすすめの面接のテクニック

面接に受からなければ、企業に採用されることはありません。それを受ける前は十分な準備が必要です。準備をしないで面接を受けると、緊張が強くなり過ぎて、それに失敗します。おすすめの面接のテクニックは、まず準備を万全に整えていることです。特に志望動機をしっかりと考えて、それを人の前で話せるようにしておきましょう。友人か転職サイトのキャリアコンサルタントに聞いてもらうのが良い方法です。
面接のときは大きな声を出すことも大切です。声が小さいと消極的な人だと思われてしまいます。またコミュニケーションの技術が低いと見なされるので、気を付けましょう。分かりやすく話すことも大切です。抽象的なことではなく、できるだけ具体的なことを話すようにします。例えば志望動機だったら、スキルを身につけて安定して働きたいというより、それまでの自分の経験を話して、その経験を生かして働きたいと言った方が、好印象になります。
自己紹介をし過ぎないことも大切なテクニックです。自己紹介の時間はあるのですが、その時に仕事と関係のないことを言い過ぎると、マイナスの評価になります。例えば、外資系の企業でなかったら、高校時代や大学時代にホームステイや留学をしたことを自己紹介の時に言っても、特に良いアピールにはなりません。それは昔の経験であり、実際の仕事に役立たないことが多いからです。
面接官の質問に的確に答えることは、一番大切なテクニックです。当たり前のことなのですが、面接のときはほとんどの人が緊張しており、質問に関係のないことを言ってしまうことがあります。もし言ってしまったら、かなりマイナスの印象を与えることになります。面接官の質問はよく聞いて、できるだけ落ち着いて答えましょう。

続きを読む