採用が決まった女性の画像

就職活動中の人、転職を考えている人、様々いらっしゃると思います。どの企業でも面接というものはあります。採用されるためにはどのような準備をすべきで、実際の面接時はどうすれば良いのかなど気になることをまとめました。

文系出身でも理系に採用されるのは本当にありえる?

文系出身の人でも、理系の職種に採用されることはありえます。理系の職種としては、ITエンジニアなどがあげられますが、文系出身の人もたくさん働いています。

例えば、プログラマーの仕事は、むしろ文系の人のほうが向いているという意見もあります。たしかに、プログラミングは難しい数式を使うこともあります。しかし、システム開発はチームで開発することが多く、難しいプログラミングを書くことよりも、だれが見ても読みやすいようなプログラムを組むことのほうが重要であるそうです。そういう意味では、文系の人のほうが向いていると言えるかもしれません。

また、プログラマーになったからといって、一生プログラマーとして働くことは難しいと言われています。35歳定年説などがあるように、年齢に応じてキャリアアップしていかなければなりません。プログラマーのキャリアアップ先としては、システムエンジニアとなるようです。システムエンジニアの次は、ITコンサルタント、ITスペシャリストといった上級職にキャリアアップすることもあります。独立して経営者になることもあります。ITコンサルタンとは、その名の通りIT基礎知識をもったコンサルタントのことです。コンサルタントといえば文系の仕事というイメージがありますが、理系や文系の垣根を越えて、幅広い知識を身につけ、経験を積んだ人が上級の職業につくことができます。

このように、文系の職種だから文系だけやっていればよいとか、理系だから理系の勉強だけをやっていればよいといったことではありません。やる気と熱意さえあれば、文系出身でも理系に採用されることは十分ありえます。どのような仕事も無駄ではないと考えて、一生懸命取り組むことが、キャリアにつながっていきます。