採用が決まった女性の画像

採用されたいならばするべきこと

就職活動中の人、転職を考えている人、様々いらっしゃると思います。どの企業でも面接というものはあります。採用されるためにはどのような準備をすべきで、実際の面接時はどうすれば良いのかなど気になることをまとめました。

採用する側の気持ちを考えることが大切

求職活動中は、条件の良い、安定性のある、知名度の高い、いい企業に就職しようと考えて活動します。そして、応募すれば採用されたいという気持ちが強くなります。自分のことばかりに気が行っていませんか。それでは、面接や提出書類にその思いが表れてしまいよくないです。

そもそも、企業が求人を出すということは、どういう性格でどんな能力や経験を持った人が欲しいということをイメージしています。だから書類選考や面接があります。そして、面接ではそのイメージを1番持っている直属の上司となる人が面接官としています。そのイメージに合っていなければ、どれだけ能力が高くても、すごい実績や経験があろうとも採用されません。
ですから、採用されようと考えるならば、求人に対して企業が望んでいるイメージに近づくことが大切です。そのイメージとかけ離れていても嘘をついたり、誇張したりしたら後で自分が困るのでダメですが、その部分をアピールするということです。

企業が求めているイメージはどうやったらわかるでしょうか。確実にわかるというものはありませんんが、その企業が発信している情報ではないでしょうか。そこで働いている人や、関係している会社に勤めている人に話が聞ければ1番よいですが、普通はそういう偶然はないので、求人票やホームページがその手掛かりをつかめるということになります。
例えば、ホームページで職場の仲間が集まってパーティーや飲み会をよくするやアットホームな職場とあれば、それに参加してくれるような共感力を求めるのではないでしょうか。もし、仕事とプライベートは完全に分けますというような考えの人がここに入れば、どちらも得をしないでしょう。
また最近ではインターネットに掲載される求人情報を見る方が多いのではないでしょうか?例えばIT関係の仕事であるWEBデザイナーの求人情報はネットで探すのが効率が良いと言えるでしょう。ハローワークの求人と大きく違うのは、インターネットの求人サイトは社内の雰囲気の画像であったり、どういった方を求めているのかなども記載されていることも多いというのが特徴です。どういった方を求めているのかがわかれば、そこが自分に適しているか等の判断材料にもなり得ます。

求職活動では、採用を考えている企業を調べて、考えて対応することが採用の近道となります。そして、採用されなかったとしても、人格や能力を否定されているのではなく、そこでは合わないと判断されただけです。